江戸川区地域・医療・美容の情報サイト

江戸川区時間 - 地域情報ポータルサイト
江戸川区時間 - 地域情報ポータルサイト
地域情報 - 食べる、楽しむ、暮らす、学ぶ 医療情報 - 医院・病院、歯科医院、接骨院・治療院、動物病院 美容情報 - 美容室・理容室、エステ、ボディケア、スパ・ダイエット
江戸川区時間 > 歯科医院 > エルム歯科

エルム歯科

AMBカテゴリ
地域情報 地域情報
食べる 食べる
楽しむ 楽しむ
暮らす 暮す
学ぶ 学ぶ
医療情報 医療情報
医院・病院 医院・病院
歯科医院 歯科医院
接骨院・治療院 接骨院・治療院
動物病院 動物病院
美容情報 美容情報
美容室・理容室 美容室・理容室
エステ・ネイル エステ・ネイル
ボディケア ボディケア
スパ・ダイエット スパ・ダイエット
カテゴリ
インタビュー インタビュー
求人情報 求人情報
クーポン情報 クーポン情報
イベント&ニュース イベント&ニュース
近所の映画情報 近所の映画情報
おススメ情報 おススメ情報
ウェブチラシ ウェブチラシ
掲示板 掲示板
簡単レシピ 簡単レシピ
医療の豆知識 医療の豆知識
美容の豆知識 美容の豆知識
フェイスブック フェイスブック
モバイル
QRコード
江戸川区時間
モバイル!
サーチ

Google Yahoo!
リンクス
facebook
YouTube
江東区時間
墨田区時間
葛飾区時間
東京スカイツリー投稿クラブ - ソラノキ
都筑区.jp 青葉区.jp
宮前区.jp 高津区.jp
RSS RSS配信について
髙橋 章郎 院長
インタビュー
髙橋 章郎 院長 タカハシ アキオ
AKIO TAKAHASHI
エルム歯科
生年月日:1969年07月01日
出身地:東京都
血液型:A型
趣味・特技:アイスホッケー
好きな作家:司馬遼太郎
好きな映画:ミッドナイト・ラン
好きな言葉・座右の銘:気楽に
好きな音楽:洋楽、ソフトロック
好きな場所・観光地:札幌
エルム歯科詳細情報はこちら
詳細情報はこちら
■この道を志したきっかけをお聞かせください。
人体に興味を持っていたこともあり、高校生の頃に医療系に就こうと決め、歯学部に進みました。。
もし、歯科医でなければ生物学の研究者になっていたかなぁ。基本的に研究が好きなんですよ(笑)。実際に研究に没頭した時期(6年)もありましたよ。
私自身、ネクタイを締めて会社へ通勤するというスタイルはどうも向いてない気がしていたんです。

髙橋 章郎 院長 髙橋 章郎 院長

■開業に至るまでの経緯や医院名(エルム歯科)の由来をお聞かせください。
北海道大学歯学部を卒業後は、元々興味のあった人体の免疫機能を学ぶべく、同大学の免疫科学研究所大学院にて免疫学を学びました。
その後2年間、アメリカのフロリダで、免疫の研究に没頭しました。
(免疫とは、インフルエンザなどの病原体の非自己物質を認識し、排除する生体防衛機能の事です。)
フロリダから帰国後は、知人から声を掛けられていた札幌の歯科医院で、再び歯科医として臨床に就き、その後、分院長の経験もさせていただきました。
8年程掛けて臨床で様々な経験を積み、2008年にエルム歯科を開院する運びとなりました。
開業地にこの場所を選んだ理由は、商店街の中に立地していることもあり、人通りも多く非常に活気に満ち溢れ、とても気に入ったからです。

エルムとは『木』の名前で、北海道大学に多数生えている木なんです。なので大学のシンボルでもあるんです。エルムは僕の原点でもありますので、医院名にも使用しました。

■診療の際の心がけや、こだわりをお聞かせください。
髙橋 章郎 院長自分の理想に近づける様にきちっとやります。歯科診療は細かい作業なので納得いくまでやります。
また、歯の治療には痛みや不安はどうしても付き物ですが、針にしても、極力細い物を使用するとか、器具も電動の物を使用したりして、できるだけ痛くない様にも努めます。
その他にも患者さんとの間に信頼関係を築き上げ、協力し合いながら、お互いに納得できる最良の結果を求めて努力して参ります。
特にお子さんの治療の際には決して無理をせず、気を許して慣れてくれるのを待ちます。慣れてくれると自然と口を開けてくれるんです。

当院では衛生面には特に気を使っています。テーブルの上には一切余計なものは置かれていませんし、患者さん毎に、個別にパックされた器具を使用いたします。
歯を削るインスツルメントもきちんとパックされて、最初から接続されているようなことはありません。交換できない部分は、バリアフィルムという青いテープで汚染から防御されています。
診療の方では、奥歯の補綴物に関しても審美的な技法にこだわり、直接修復法(ダイレクトストレーション)を出来る限りおすすめしています。型どりも不要ですし金属を使用しないためコストも低く、仕上がりも白く、自然な感じが保てるんです。
その他にも、院内に入るのにスリッパはなくし、靴のまま入っていただいております。何かを食べるレストランでもスリッパにならないのに、歯科医院でスリッパになるのって、何だか変ですよね。

■院長先生の休日の過ごし方をお聞かせください。
我が家には小学生の子供が2人いますが、家族みんなインドア派なんですよ。なので休日は家族のんびり家で過ごすことが多いですね(笑)。
この間、私の方から『ディズニーランドでも行こうか♪』と誘ったりもしたのですが、あえなく断られました(泣)。まぁ、近所を散歩して過ごしたり、子供達は大好きなローラーブレイドをやるのが楽しいようです(笑)。
長い休みが取れた時などは、札幌の祖父母の所に遊びに行ったりもします。北海道が故郷の子供達にとってはとても嬉しいようです。
個人的には、たまに学生時代の友人達や、知人の先生達と飲みに行ったりして満喫します。

■最後に今後の展望をお聞かせください。
女性の患者さんや小さなお子さんのためにも、女性の先生が必要だと思いますね。なので今後はもっと医師を増やし、院内の雰囲気も益々明るく楽しくして、精神的にも技術的にも安心してご来院していただけるような歯科医院にしていきたいと思います。
常に患者さん第一主義の理念の基、治療にあたり『ここに行けば良くしてもらえる』という、評判の歯科医院として皆様に認知してもらえるよう最善を尽くしていきたいと思います。

※上記記事は2009.6に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

詳細情報はこちら

インタビュー一覧 インタビュー一覧はこちら
スキンケア上野クリニック 遠山法律事務所 新築住宅・リフォームなら株式会社新翔 審美歯科専門 赤坂フォーラムデンタルクリニック studio VOL-1 港北肛門クリニック
キラキラママの会 中葛西歯科・矯正歯科 こばやし歯科クリニック 龍咲杏のお気軽DAY'S リバーサイド歯科クリニック かおるペインクリニック
Hair OOPS 有限会社GRAND リサイクル団体 ASOBO会 おいかわ歯科クリニック 江戸川区ドクターズ むかえだ歯科クリニック